届出電気通信事業者になってみた

Mastodonインスタンスを運営しているんですが、思い立って「届出電気通信事業者」になってみました(しろめ

素人でも結構簡単にできるので、おひとりさまインスタンスではないインスタンスの鯖缶の方は届け出ておくといいかもしれません・・・

なお、今回は「関東総合通信局」管轄エリア(個人なら茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・山梨の各都県在住)を対象にしています。他の地域にお住まいの方はそれぞれ管轄の総合通信局サイトをご確認くださいね!

必要書類

ここからダウンロードできる様式3本(様式第8,第4,第3)

・住民票写しの原本(役所でもらって来たのをそのまま使います コピーはダメよ)

・通知書を送ってもらうための返信用封筒(切手貼付/送付先記入のこと)

書類を書こう

1. まずは届出書でもある様式第8から・・・

・ほぼ記入例で説明されているとおりですが、まずは右上の「申請日/郵便番号/住所/名前/電話番号/メールアドレス」を埋めてハンコを押します。なお住所は住民票に記載されているものと同じものを記入してください。

・「1 業務区域」 の (1) 提供区域 に「全国」と書きます

・末尾の「3事業開始予定年月日」に届出日以降の日付を記入します

はい簡単ですね!次行きます

B. 様式第4

・Mastodonインスタンスは「28 インターネット関連サービス(IP電話を除く)に該当しますので、下記の通り記入します」

以上です(しろめ

C. 様式第3

・一見面倒そうなネットワーク構成図ですが、これ実は「記入例ほぼまるパクリ」で問題ありません((

・これが記入例

・こっちが私が提出して受理されたヤツ

・まあこんな感じで簡単に説明したのでよいようです。

 

書類を送ろう

・あとはここまでに作成した申請書類3本と返信用封筒・住民票を封筒に入れ、管轄の総合通信局に送付するだけです(送付先は総合通信局のサイトにあります)。不備がなければ数日後に通知書が届きます。

こんな感じで余裕でした!みなさまのお役に立てれば幸いです。

Mastodon API の叩き方メモ

【野球バカ28号(仮)】のbot開発時にやったことのメモ
とりあえず curl で Mastodon の API を叩くまで ( mstdn.example.jp の部分は利用するインスタンスに置き換えてね!)

  1. アプリケーション登録(クライアントIDとシークレットの取得) (最初に一度のみ実行)
    • curl -X POST 'https://mstdn.example.jp/api/v1/apps' --data 'client_name=<アプリケーション名>&redirect_uris=<リダイレクト先>&scopes=<スコープ>
      • <アプリケーション名> – 半角英数字で適宜設定する.なお、同一インスタンス内でも重複可能な模様
      • <リダイレクト先> – 特に必要がない場合は urn:ietf:wg:oauth:2.0:oob を設定すること
      • <スコープ> – アクセス権の設定. read,write,follow の3つから「利用する可能性があるものすべて」を指定すること.スペース区切りで複数設定可能.各スコープの機能はここ参照.アクセストークン取得時(後述)にもスコープの設定をするが、ここで設定したもののみしか利用できないので注意。
    • クライアントID」および「クライアントシークレット」が返ってくるので、必ず保存しておくこと!後述のアクセストークンとは違い、ここで取得したものを何度も利用するので!!
  2. アクセストークンの取得 (APIアクセスごとに実行)
    • curl -X POST -d "client_id=<クライアントID>&client_secret=<クライアントシークレット>&grant_type=password&username=<メールアドレス>&password=<パスワード>&scope=<スコープ>" -Ss https://mstdn.example.jp/oauth/token
      • <クライアントID>,<クライアントシークレット> – 上記1.で取得したものをそのまま使用する.
      • <メールアドレス>,<パスワード> – 利用したいユーザのメールアドレス(ユーザ名ではない)およびパスワードを指定する
      • <スコープ> – 上記 1. と同じ ただしこちらはアプリケーション登録時に指定したものの中から1つのみしか指定できない
    • アクセストークン」がサーバから返ってくる。
  3. API を叩く (例として「新規toot投稿」の場合を示す)
    • curl --header "Authorization: Bearer <アクセストークン>" -X POST -d 'status=<toot内容>&visibility=<公開範囲>' -sS https://mstdn.example.jp/api/v1/statuses
      • HTTPヘッダとして Authorization: Bearer <アクセストークン> を付加する。

その他のAPIも同様の手順でアクセスできるはず・・・。